スポンサーリンク

2014年02月27日

昔アメリカンロックといえばこんな感じだったのかな?ジョン・クーガー(John Cougar)「Jack & Diane」

 本日のナンバーは、ジョン・クーガー(John Cougar)の「Jack & Diane」です。

 ジョン・クーガーの曲を聴いているとハーレー、革ジャン、ジーンズなどが浮かんできて、アメリカ大陸を一度はバイクで横断してみたくなる衝動にかられてしまいますね。

 この曲は、アメリカンロックの王道といってもいいナンバーではないでしょうか。

 古き良きアメリカをイメージさせる曲でもありますね。

 それでは早速、ジョン・クーガー(John Cougar)の「Jack & Diane」をYouTubeで視聴してみましょう。

posted by DJなつかし at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | John Mellencamp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

アメリカ、ハーレー、革じゃん、ジーンズ、ロックギターが懐かしい、ジョン・メレンキャンプ(John Mellencamp)「Hurts So Good」

 本日のナンバーは、ジョン・メレンキャンプ(John Mellencamp)の「Hurts So Good」です。

 「Hurts So Good」は1982年にリリースされた「American Fool - John Mellencamp」からシングルカットされた曲。全米ナンバーワンの大ヒットも記録!!

 「Hurts So Good - The Best That I Could Do (1978 - 1988)」のミュージックビデオを見ていると、アメリカに対する原体験というものが凝縮された感じです。

 革ジャン・ジーンズ姿のマッチョな男たちがハーレーを乗り回し、どこかヒッピー風な感じで自由を謳歌しているところ・・・。

 それから、エレクトリックなサウンドを使わないギター音源がメインといったところも・・・。ブルース・スプリングスティーンもそういうイメージかな。

 それとどこかピーター・フォンダとデニス・ホッパーの映画「イージー・ライダー(Easy Rider)」も思い起こしますね。

 1982年といえば小学校の6年生だったでしょうか。政治の世界はアメリカとソ連の2大国の時代。中国はまだ人民服ではなかったのかな? 家はまだポットントイレだったような・・・。牛肉はものすごく高くて、焼肉はジンギスだと思っていたんですからね。カルビという名前を知ったのは高校卒業してから・・・(笑)。

 こういう時代背景のもとでアメリカのドラマや映画を見たりしたものですから、小学生のわたしはアメリカに漠然とした憧れを持っていたのでありました(完)。

 それでは早速、ジョン・メレンキャンプ(John Mellencamp)の「Hurts So Good」をYouTubeで視聴してみましょう。ジョン・メレンキャンプって、Bon Joviのジョン・ホンジョビにも似ている気がしないでもありませんね。



 ■ロック - iTunes Store
 ★「Hurts So Good」収録アルバム(ダウンロード)「American Fool - John Mellencamp

 ■TOWER RECORDS ONLINE
 ★「Hurts So Good」収録アルバム(CD)「American Fool

 1960年代のアメリカを映画で体験!!
 ★「イージー★ライダー コレクターズ・エディション(DVD)

 ★「イージー★ライダー(Blu-ray Disc)

 ★「イージー・ライダー」サウンドトラック…「イージー・ライダー」オリジナル・サウンドトラック
posted by DJなつかし at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | John Mellencamp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク