スポンサーリンク

2010年11月08日

ドイツのシンセポップグループ、アルファヴィル(Alphaville)「Forever Young」

 本日のナンバーは、アルファヴィル(Alphaville)の「Forever Young - Forever Young」です。

 アルファヴィル(Alphaville)はドイツ出身のグループ。

 アーハ(a-ha)はノルウェー、ヨーロッパ(Europe)・アバ(ABBA)はスウェーデン等々、1980年代は英語圏意外のアーティストの活躍も多かった時代ですね。
 
 アルファヴィル(Alphaville)はシンセポップ(Synthpop)という音楽ジャンルに入るようですが、まさにわたしが洋楽との出会いはシンセポップ!! 所謂、ドラムマシーン、シンセサイザー、そしてシーケンサーといった機械的なサウンドですよね。

 機械的なサウンドの好き嫌いはあるかもしれませんが、当時を知り・生きていた者としてはかなりインパクトがあったことは間違いありません。

 高校時代、アルバイトで稼いだお金を元手に東京・秋葉原の楽器屋さんを巡ったものです(長野から特急電車で・・・)。シーケンサーとドラムマシーンを購入し、a-haの「Take On Me - Hunting High and Low」のバンドスコアから打ち込んで、ひとりで感動してましたね(8ビートに酔いしれてましたっけ・・・)。

 それでは早速、アルファヴィル(Alphaville)の「Forever Young」をYouTubeで視聴してみましょう。



 ■ロック - iTunes Store
 ★「Forever Young」収録アルバム(ダウンロード)「Forever Young - Alphaville

 ■TOWER RECORDS ONLINE
 ★「Forever Young」収録アルバム(CD)「Forever Young
posted by DJなつかし at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Alphaville(アルファヴィル) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク