スポンサーリンク

2013年10月26日

バブル景気のディスコブームを牽引したユーロビートナンバー、デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)「I'll Save You All My Kisses」

 本日のナンバーは、デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)の「I'll Save You All My Kisses」です。

 バブル景気が真っ盛りの頃、その空気にピッタリはまったのがユーロビート!

 それから、ディスコブームというのもありましたよね。

 ワンレン、ボディコン、ジュリアナ東京、お立ち台等々、みなさんもよく覚えているんじゃないのかな。

 ユーロビートの中でも、ディスコブームを牽引したのがバナナラマであったり、デッド・オア・アライヴでしたよね。

 それでは早速、デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)の「I'll Save You All My Kisses」をYouTubeで視聴してみましょう。

posted by DJなつかし at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Dead or Alive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ユーロビート、ディスコ、マハラジャ、ダンスミュージックといえば、デッド・オア・アライブ(Dead Or Alive)「Brand New Lover」

 本日のナンバーは、デッド・オア・アライブ(Dead Or Alive)の「Brand New Lover」です。

 バブル時代を象徴するかのようなこの曲。

 この時代はなんといっても、洋楽の中でもユーロビートが絶頂期でした。

 ユーロビートのリズムと時代の空気が非常にマッチングしていたんだと思います。

 バブル、マハラジャ、お立ち台・・・ユーロビートを聴くと、なぜかこの三つの言葉が頭をよぎるんですよね。一生忘れないんじゃないのかな・・・。

 ヴォーカルのピート・バーンズ(Pete Burns)を見ていると、カルチャークラブのボーイ・ジョージ(Boy George)を彷彿とさせますね。ビジュアル系のバンドが流行ったのも、その当時でしたっけ・・・。

 それでは早速、デッド・オア・アライブ(Dead Or Alive)の「Brand New Lover」をYouTubeで視聴してみましょう。



 今回紹介しました「Brand New Lover」は、アルバム「ブランド・ニュー・ラヴァーicon」に収録されています。あの当時、ディスコでかからなかった日はないんでしょうね。当然、このアルバムは大ヒット!! 本当、聴いたら踊らずにはいられなくなりますよ。

 
posted by DJなつかし at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Dead or Alive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク